株式入門、為替、ネット証券、ネット株、市場の動向などなどの初心者最新ニュースブログ
■TOPメニュー
株式ニュースネット証券ニュース市場動向為替動向投資メディア情報
本日の成績は?→投資結果ブログが多数

■ライブドアプレミアムパスポートに代わる手数料プランは?
→定額、半定額に近い手数料の証券会社は?

■【PR】
イートレード証券
現金3000円マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日の投資結果は?
naitoulogo.jpg


内藤証券は手数料を7月3日から業界最低水準に値下げを行った。
http://www.naito-sec.co.jp/service/jpn_main.html

内藤証券はこれまでかなりの安さが目立っていたのだが、ジョインベストやGMOなどの登場で影は薄くなった。
今回の手数料値下げで再び業界最低水準となる。

本日の投資結果は?
スポンサーサイト
mobile_01.gif


GMO証券は6月26日から携帯電話での売買注文が可能となる携帯電話注文をスタートする。
対応は3キャリア。

携帯電話注文の開始について

本日の投資結果は?
nk_chart_L20060609.gif

前場から大きく下げたが後場急反発し、高値引けとなっている。
ただ、後場引けにかけて売り込まれた状態、さらにNY市況については軟調な展開となっているため、まだ波乱が続くような様相が残ってしまっている。
来週もまだまだ予断を許さない状況である。


本日の投資結果は?
オリックス証券:携帯(モバイル)投資情報 チャート機能追加

オリックスオンラインのモバイルサービス(携帯電話取引)に新しくチャート閲覧機能が追加される。
リアルタイムの
5分足チャート  
日足チャート  
週足チャート  
月足チャート  

の4種類のチャートで、最大5年間(月足)の値動きが携帯電話で見れるのが特徴だ。

過去5年を見比べてみると自然と特徴がつかめる銘柄も多いのでかなり役立つのではないだろうか。


松井証券:6月1日より新手数料。値下げへ。

「ワンショットコース」の導入、「いちにち定額コース」の手数料を値下げが行われる。
ジョインベストはGMOが思い切った値下げを行うため、どこまでこの値下げの効果が現れるかは微妙である。



カブドットコム証券:ニンテンドーDSLiteが当たる「脳を鍛えて!信用取引キャンペーン」実施
~ 信用口座開設でもれなく。抽選で合計100名様にニンテンドーDSLiteをプレゼント。 ~
2006年6月1日(木)~2006年7月31日(月)、「脳を鍛えて!信用取引キャンペーン」を実施。

もれなくもらえるのは
「信用取引の極意/新井邦宏」+カブコムオリジナルステッカー

抽選が
ニンテンドーDSLite本体+脳を鍛える大人のDSトレーニング

最初の「~ 信用口座開設でもれなく。抽選で合計100名様にニンテンドーDSLiteをプレゼント。 ~ 」
はJAROものじゃないのか?ともれなく抽選ってなんだいそれ、って思われる誇張ではあるが、とりあえずキャンペーンという事である。

本日の投資結果は?
gmologo.gif

■『現物特割』&『信用取引ワンコイン』キャンペーンについて
■「1日定額制」の導入について
http://sec.gmo.jp/corp/news/info/20060529-01/index.html

平成18年6月5日約定分から9月29日約定分に手数料の値下げを行う事としている。
さらに7月3日から定額制も導入と発表した。


本日の投資結果は?
index_h1.gif


マネックスビーンズでは大阪のセミナーを順次開催している。

大阪国際会議場

7月2日(日) 9:30開場 10:00-12:00
「株のがっこう 団塊世代編」 IN 大阪 対象50歳以上

7月2日(日)12:30開場 13:00-15:00
はじめてのテクニカル分析 チャートを使ってみよう!

7月2日(日)15:30開場 16:00-18:00
ベストセラー『新しい株の本』 著者
山口揚平氏が語る初心者向け堅実株式投資セミナー

詳しくは
こちら

参加条件は口座開設者。
口座開設はこちら
マネックスビーンズ証券

本日の投資結果は?
nk_chart_L20060525.gif


本日の東京市場は200円を超す下げとなったが300円を超える上げを前日見せたための反動であってまず不自然ではないと思われる。
下記のように市場予想より下回った発表が出されたが、この株安状況では上方修正という材料のほうが重視され、今夜のNY市場は現在のところ大きく高値を狙っている。ただ、やれやれ戻り売りも待っているため、上値は重いため後場急落の展開も充分予想される。

米商務省が25日発表した1―3月期の実質国内総生産(GDP)の改定値は昨年10―12月期に比べ年率換算(季節調整済み)で5.3%増となり、4月末に発表した速報値を0.5ポイント上方修正した。

 2003年7―9月期(7.2%)以来、2年半ぶりの高い伸び。ただ、市場の事前予想の平均(5.8%)は下回っている。(日経)




本日の投資結果は?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。