株式入門、為替、ネット証券、ネット株、市場の動向などなどの初心者最新ニュースブログ
■TOPメニュー
株式ニュースネット証券ニュース市場動向為替動向投資メディア情報
本日の成績は?→投資結果ブログが多数

■ライブドアプレミアムパスポートに代わる手数料プランは?
→定額、半定額に近い手数料の証券会社は?

■【PR】
イートレード証券
現金3000円マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日の投資結果は?
[ソフトバンク]ボーダフォン買収 第3世代携帯がカギ
http://news.finance.livedoor.com/news/detail/id/4_5_cid__1785276_ld
 ボーダフォン買収で携帯電話事業に参入するソフトバンクは、豊富なコンテンツを武器に、NTTドコモ、KDDI(au)の「2強」を追う。ただ、ボーダフォンは「第3世代携帯電話」(3G)への事業展開が遅れ、そんな弱点を引き継ぐソフトバンクが3Gの競争で巻き返しできるかが、携帯事業成功の最大のカギになる。
今回のソフトバンクの会見で要旨は以下の通り。
・ボーダフォンとソフトバンクの期間網の共有でコスト削減を行う。
・ヤフーがモバイルコンテンツの供給に総力を挙げる。但し、ボーダフォンのためにとは言及なし。
・ソフトバンクの出資は2000億。
・ソフトバンクはノンリコースローンの融資であって仮にボーダフォンが倒産したとしても債務はソフトバンク本体には及ばない。2000億の損失のみと限定される。


--------------------------------------------
ソフトバンクが2000億出資


|   Yahooが1500億出資(議決権なし)
|     |
|     |
|     |  銀行など(1兆2000億)
↓     ↓     |
ソフトバンクの    ↓
子会社(100%出資のためソフトバンクが支配)
|             ↑
|             |
|1兆7500億円株取得 |
|              |
|              |4000億出資
↓              |
[ ボーダフォン本体  ]
--------------------------------------------

上記のような状態となる。
ボーダフォンの資産を利用してのLBO(買収相手の価値を担保として買収資金を調達する)融資がメインとなる。
あくまで債務がソフトバンクに回らないようになっているこの仕組は、まさにマジックと言えるだろう。
ソフトバンクの株価維持も見え隠れする。
ヤフーの携帯コンテンツについてもボーダフォン限定とは言及していないため、まだ布石が残っているように思われる。
スポンサーサイト


本日の投資結果は?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaburadar.blog56.fc2.com/tb.php/21-b6f7fcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。