株式入門、為替、ネット証券、ネット株、市場の動向などなどの初心者最新ニュースブログ
■TOPメニュー
株式ニュースネット証券ニュース市場動向為替動向投資メディア情報
本日の成績は?→投資結果ブログが多数

■ライブドアプレミアムパスポートに代わる手数料プランは?
→定額、半定額に近い手数料の証券会社は?

■【PR】
イートレード証券
現金3000円マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日の投資結果は?
カブドットコムにフィッシング詐欺サイトが登場
http://www.kabujouhou.com/digest/index.html?boardno=105441
一部報道によれば、カブドットコム証券<8703>のフィッシング詐欺サイトが確認されたようだ。
同証券のアドレスは「http://www.kabu.com」だが、確認されたフィッシング詐欺サイトでは「www」と「kabu」の間に「.」がなく、「http://wwwwkabu.com」となっている。現段階ではIDとパスワードを盗み取る仕組みにはなっていないが、一定の時期にそうした仕組みが実装される可能性があるという。
なお、ドメイン検索で「wwwkabu.com」の登録情報を調べると、ドメイン管理者の情報は千代田区永田町1-6-1の「Koizumi, Junichiro」などと表示される。


事の発端は金融投資日記さんのフィッシング詐欺に発展しかねないカブドットコム証券の偽サイトという記事においてカブドットコム証券に類似したサイトがあるとのエントリがされ、それに対してネット証券blogさんがその記事を取り合げ(偽松井証券(wwwkabu.com)が、2006年1月ごろに偽カブドットコム証券に変身)、フィッシング詐欺サイト情報さんにトラックバックを送り、Yahooなどがニュースとして掲載。
カブドットコム証券は即時ニュースリリースを発表し、該当のサイトは現在ページは見れない状態となっている。

ジョークサイトなどもネット上にあり、それなりにユーモアがあるのならばある程度寛容であるべきなのがこのネット社会ではあるが、特にその意図を前面に出さずにただ紛らわしいでけではフィッシング詐欺と思われても仕方がない。
このサイト自体がどういう意図を持ってこのようなサイトを公開したのかは今の段階では推し量る事はできないが、証券という金融絡みの偽サイトは冗談であれなんであれ避けるべきでだろう。

今回はいずれの諸氏の対応の早さ(該当サイト含め?)に注目された。
スポンサーサイト


本日の投資結果は?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaburadar.blog56.fc2.com/tb.php/29-b37e77a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。