株式入門、為替、ネット証券、ネット株、市場の動向などなどの初心者最新ニュースブログ
■TOPメニュー
株式ニュースネット証券ニュース市場動向為替動向投資メディア情報
本日の成績は?→投資結果ブログが多数

■ライブドアプレミアムパスポートに代わる手数料プランは?
→定額、半定額に近い手数料の証券会社は?

■【PR】
イートレード証券
現金3000円マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日の投資結果は?
GMO証券
インターネット関連大手のGMOインターネットは13日、証券業に参入すると正式発表した。全額出資のネット証券会社「GMOインターネット証券」(東京)が来月12日から取引を始める。情報技術(IT)を活用して取引手数料を抑え、投資家がパソコンで取引しやすい工夫をした。

 GMOインターネット証券は、注文1回あたりの税込み手数料を20万円までが105円、50万円までが315円などと、他の大手ネット証券会社と比べて安く設定した。今後、一定額を払えば複数回の取引ができる定額料金制も導入する。

 ほかのウェブサイトの上にかぶせて見られる小さな注文画面が特徴で、他サイトの情報を見ながらの取引もできる。今年度中にサービスのプログラムをウェブ上で公開し、プログラムの知識があれば、自分好みの表示方法に作り替えられる。

 今月24日からウェブサイトで口座開設申し込みを受け付ける。高島秀行・同証券社長は「開業1年以内に10万口座を獲得し、事業の黒字化を目指す」と話す。


GMOグループがインターネット証券を開始。ガリバー野村もネット証券支出で手数料面で低価格化を目指しているが、このGMOもかなりデイトレーダーを意識した内容となっている。

・手数料低料金化(予定では定額制の導入)
・デイトレーダー専用サーバー
・フリーの発注ツール(ソース公開にて知識がある人はカスタム化可能)

など。
フリーの発注ツールについては個人が作成する派生ソフトに注目されるだろう。
スポンサーサイト


本日の投資結果は?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaburadar.blog56.fc2.com/tb.php/58-239ff2d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。