株式入門、為替、ネット証券、ネット株、市場の動向などなどの初心者最新ニュースブログ
■TOPメニュー
株式ニュースネット証券ニュース市場動向為替動向投資メディア情報
本日の成績は?→投資結果ブログが多数

■ライブドアプレミアムパスポートに代わる手数料プランは?
→定額、半定額に近い手数料の証券会社は?

■【PR】
イートレード証券
現金3000円マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日の投資結果は?
日銀、量的緩和を解除
日銀、量的緩和政策を解除 5年半ぶりゼロ金利政策
http://www.asahi.com/business/update/0309/100.html
 日本銀行は9日の金融政策決定会合で、01年3月に導入した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除することを7対1(1人欠席)の賛成多数で決め、即日実施した。金利を上げ下げする通常の政策に戻り、当面は誘導目標となる短期金利(無担保翌日もの)の水準をおおむね0%とする「ゼロ金利政策」をとる。同時に、中長期的に「物価が安定している」と考える上昇率を、現時点では0~2%程度と公表。これを念頭に今後の政策運営を行う方針も表明した。日銀が金融政策を引き締める方向に動くのは00年8月のゼロ金利解除以来。景気下支えとデフレ克服のために導入された異例の超金融緩和政策は5年ぶりに終わった。

とにもかくにも日銀は信頼維持のためにメンツのためにも解除したという感じがぬぐえない。中身を見てみると当面のゼロ金利を盛り込んでいる。
ここで量的緩和とはどういう事なのかというと、
〈キーワード・量的緩和政策〉 景気が大幅に悪化して物価下落も進んだため、日本銀行が異例の超金融緩和策として、01年3月に導入した。中央銀行は通常、不況時には金利を下げ、好況時に上げる政策をとっているが、金融調節の目標を「金利」ではなく、金融機関への資金供給の目安となる日銀当座預金残高の「量」に切り替えた。導入当初の当座預金残高目標は「5兆円程度」だったが、景気回復の下支えを狙って段階的に引き上げられ、現在は「30兆~35兆円程度」に達している。
金利が上がれば預金への利子は増える。しかし、金利が上がれば借金の返済額は増える。さてどうなるか。

直近の市場では今日は全面高となる展開。中身というより発表のあった事によるあく抜け感が否めない。明日はこの上げ幅に相対するような乱高下が続く可能性も高い。
スポンサーサイト


本日の投資結果は?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaburadar.blog56.fc2.com/tb.php/6-062851ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。